腎臓結石物語 4.徒歩

慌しく人が行き交う朝の歩道、
一人流れを乱し腰を曲げてヨロヨロと歩く。
救急車タクシーに頼ろうとは思わなかった。
数週間前、救急車で運ばれた友人を冷やかした手前もあったが、
日頃の不摂生を反省すべく、この痛みによる罰を受けねばならぬ気がしたからだ。

「あぁ神様、これからは規則正しい生活に努めますのでどうかお許しを…。」
歩き始めて30分、やっと改心したのを見計らったように病院が視界に入った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シロアリ

Author:シロアリ
カブトムシじゃん!

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
フリーエリア
        人気ブログランキングへ      にほんブログ村                  FC2 Blog Ranking      相互リンクとランキングプラス ブログ王